*

「ティムバートンの世界」展に行ってきましたよ

公開日: : 作品展

大阪グランフロントでやっている「ティムバートンの世界」に行ってきた。

ティムバートン

ティムバートン

 

平日だというのにすごいお客さんの数、半数以上は女性だった気がするな。
カップルで来ていた方も多かったし、奇抜なファッションをされていた方もいるし、ほんと客層は様々だった。

展示内容もすごかったー、私はそこまでティムバートンの熱狂的なファンというわけではないが、強烈な世界観にガッツリ引き込まれたねぇ。
展示の数もものすごく、ボリュームたっぷり、2時間ではちょっと時間が足りないくらいだった。

人間っぽくモンスターでもあり、グロテスクながら可愛くて愛嬌がある。
各キャラクタの表情も豊かで独特のものばかり。
オリジナリティにあふれてるのに、統一感がある。
すさまじくエネルギーにあふれている作品ばかりだった。

会場内では女性が「かわいい」「かわいい」を連発である。
確かに今の時代「かわいい」は多種多様で、他人には理解ができない「かわいい」も存在する。
しかしティムバートンのキャラクタは、グロテスクなモンスターなのに確かにかわいい。

ティムバートンは1960年代70年代の当初でも自分のキャラクターを「かわいい」と思って描いていたのだろうか?
いや、ディズニーに「絵本」として出版を求めていたくらいだから、確信的に「かわいい」を意識していた気がする。

すげーなぁ、2010年代日本の若い女子に「かわいい」「かわいい」といわれるのはどんな気持ちなんだろう?

こういう作品感の写真も撮ってみたいなぁ。

スポンサー

関連記事

記事はありませんでした

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー

Universal Foldable Keyboard GU5-00014 でかな入力 …… できない。

かな入力なのです わたくし実はここだけの話、絶滅危惧種の 「かな入

第二回 初心者のためのコスプレ撮影ライティングワークショップ

さて、初心者のためのコスプレ撮影ワークショップ、時間が空いてしまいまし

【撮影技術】光の話、順光と逆光

写真の講座的な事をしたいと思います。 さて、今回は少し写真講座と言い

【撮影技術】やっぱり背景をぼかしたい!

先日TwitterのDMに1通のメッセージがやってまいりました。

vanguard The heralder 51T 修理のその後

さて、前回書いた 再び修理に旅立ったvanguard The h

→もっと見る

PAGE TOP ↑