*

【撮影機材】ライトブラスターの使用レンズ考察

さて、今回はアイテムの紹介。

最近色々話題になっていますね。

ライトブラスター (Light Blaster)

です。

 

用途としてはプロジェクタ撮影っぽいことができるって感じですかね。

スライドを本体にセットして、ストロボ光を照射させ、画像を投影する仕組みになっています。

こちら本体を買っただけでは使用できません。
別途

  • クリップオンストロボ
  • レンズ

が必要です。

このうち、クリップオンストロボは何でも良いです、取り敢えず光量が強ければ強いほど良いです。

一方「レンズ」これが結構個性が出ます。

私自身が色々試してみた結果。
結論から言うと

  • 広角レンズ
  • 開放絞りが開ける、なるべく明るいレンズ

これに付きます。

ちょっとサンプルを載せますね。

35mm F2.0による投影

MIR_0666

こういう青空のスライドの場合35mmだと広がり感が物足りないです。
もちろん壁から話すことでもう少し大きくできるのですが、壁からの距離が離れると光量が必要になります。
この撮影では、これ以上離れると光量不足になりました。

 

MIR_0756

こういう模様でしたら、35mmでもいけますね。
スライドも白いものなら光量落ちが少ないです。

20mm F1.4による投影

贅沢にも
SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art

これを使ってみます。

サンプルはこちら

MIR_1903

上記の35mmを使用した場所と同じ所なのですが、背景の桜の花がこんだけ広がりました!

超楽!!(笑)

まとめ

まとめるとライトブラスターは結構ストロボの光量を必要とします。
スライドの種類によってはかなり光量が落ちます。

なので、光量を上げるためには

  • ストロボの光量を上げる
  • 壁に近づける

しか無いのですが、

  • 壁に近づけると照射範囲が狭くなる

なので、広角レンズが必要

ということになります。

つまり最初に言った。

  • 広角レンズ
  • 開放絞りが開ける、なるべく明るいレンズ

が、ライトブラスターを使う上では非常に重要で、現行売っているレンズでは
SIGMA 20mm F1.4 DG HSM | Art

が最強!

ということになりました(笑)

 

ただまぁ、高いですよね……

ライトブラスター用として買うのは少し無理があります。

でもこのレンズは写りも素晴らしいので、おすすめですよ。

 

みなさんも、ご自身の用途にあったレンズを探してみてください!

では、たのしいライトブラスターライフを!

スポンサー

関連記事

【撮影技術】やっぱり背景をぼかしたい!

先日TwitterのDMに1通のメッセージがやってまいりました。 突然のDM失礼します

記事を読む

一眼レフカメラの焦点距離と圧縮効果について

今回はカメラの技術的なお話を少し。 一眼レフカメラでは様々な焦点距離のレンズが有ります。 単

記事を読む

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED のテスト

先日ついに AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED を購入しました。 発表

記事を読む

ニコンAF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G VR II

ニコンAF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G VR II 性能とサイズのトレードオフ

ニコンAF-S DX NIKKOR 55-200mm f/4-5.6G VR II[/captio

記事を読む

2015年10月現在 FacebookのユーザIDを調べる方法

Facebookさんはほんとにコロコロと仕様が変わります。 なんでなんでしょうねぇ? 仕様変更で

記事を読む

SIGMA 50mmF1.4 DG

SIGMA Art 50mmF1.4 DG セミナー

先日「SIGMA Art 50mmF1.4 DG」をレンタルしてくれるセミナーがありました。 講師

記事を読む

Universal Foldable Keyboard GU5-00014 でかな入力 …… できない。

かな入力なのです わたくし実はここだけの話、絶滅危惧種の 「かな入力」派 なのです。 か

記事を読む

COOLPIX P900

ニコンCOOLPIX P900のお化け性能

ニコンCOOLPIX P900の関心が高いようだ。 このブログに対してもP900に関して調べようと

記事を読む

と言うてたら壊れた!vanguard The heralder 51T

カメラバックが壊れた! 先日このBlogにも書いたんだけど vanguard The her

記事を読む

EOS5Ds

フルサイズセンサで5000万画素という考察

EOS5Dsというカメラ。 5060万画素というとんでも無い画素数を創りだすカメラである。

記事を読む

スポンサー

Comment

  1. […] http://blog.gata.in/post-1339/ レンズについての考察と撮影例を掲載されています。 […]

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー

Universal Foldable Keyboard GU5-00014 でかな入力 …… できない。

かな入力なのです わたくし実はここだけの話、絶滅危惧種の 「かな入

第二回 初心者のためのコスプレ撮影ライティングワークショップ

さて、初心者のためのコスプレ撮影ワークショップ、時間が空いてしまいまし

【撮影技術】光の話、順光と逆光

写真の講座的な事をしたいと思います。 さて、今回は少し写真講座と言い

【撮影技術】やっぱり背景をぼかしたい!

先日TwitterのDMに1通のメッセージがやってまいりました。

vanguard The heralder 51T 修理のその後

さて、前回書いた 再び修理に旅立ったvanguard The h

→もっと見る

PAGE TOP ↑