*

プロのカメラマンとして仕事をするということ

公開日: : 最終更新日:2015/03/31 奮闘日記

MIR_4591

タイトルがちょっと大げさ? 誇大広告?

まぁ、それはさておき、思いつきでサラリーマンを辞めてフリーカメラマンになったのだが、いざなってみると「サラリーマンって」いいなぁ、って思うことも多々ある。
まさに隣の芝生は青いのだ。

まず。
「体調不良で休めない」
サラリーマンには「有給」というものがある、体調不良になったら休むことができるのだ、しかも給料までもらえてしまう。
個人事業主として仕事をすると、当然休んだら給料はもらえない、さらにプロカメラマンになると休むことさえできないのだ。
なぜなら、依頼された撮影日は基本的にずらすことはできない。
「すみません、風邪ひいたんで今日の挙式延期してもらえませんかねぇ……」
なんていうことはできないのだ。
フリーランスになるということは、病気ができないということでもある。
まさに、体が資本。

「税金関係を全部自分でやらないといけない」
サラリーマン時代には会社に「総務」やら「経理」やらがあって、税金に関する事はほとんど無知でもOKだった。
年に1回「年末調整」やらを提出するくらいが税金を意識する機会だった気がする。
(それすらかなり面倒くさいと思ってたが……)
フリーランスになると自分でその「総務」やら「経理」やらの仕事をしなくてはいけないのだ。
税金、法律に関しては。
「いやー、知りませんでした!」
では済まないのである。
知らないだけで犯罪者になる可能性があるのだ。
私は税金に関しての知識が全くないので大変困った、ってか今でも困ってる。

「失敗は許されない」
特にプロカメラマンとして何が重要かといえば「失敗ができない」ということがあげられる。
これは上記の「体調不良で休めない」とも似ているが、ブライダルや七五三など、プロとしての撮影は取り返しがつかない場合が多い。
データのバックアップは万全にしておかなくてはいけないし、電池は大量に用意しておく必要がある(eneloopには寿命があることを忘れずに!)。
電車遅延で遅れることも許されないし、渋滞でなんかはもってのほかだ。
プロの仕事としては、いかに失敗をしないか(失敗を「減らせるか」ではなく「しないか」)が重要になる。
万が一も起きてはいけないのだ。

続く……

スポンサー

関連記事

ひたすらバイト探し

世の中というのは中々に世知辛い。 36歳のなんの経験もないおっさんには、そうそう希望の職種を与えて

記事を読む

八方ふさがりカメラマン

プロカメラマンからおすすめされた「ポスティング」作戦は空振りに終わり、自分で考えた「webページ作成

記事を読む

プロカメラマンとしてシャッターを切る事は責任

プロのモデルを撮る場合と素人さんを撮る場合の違い 企業やグループが開催している撮影会ではプ

記事を読む

税理士さんと契約してきた。

先日は紹介して頂いた税理士さんとの面接だった。 紹介元はここ。 ワンストップ対応

記事を読む

個人事業として新たな試み

現在のところWebへのアクセスは1日10件程度である。 アクセス自体はまだまだ少ない、実際の仕事依

記事を読む

写真教室に通ってみる

商売としての写真撮影も重要だが、もともと私は「何かを作る」ということが大好きで、写真を撮るうえでも何

記事を読む

徐々にお薬減らしていってます。

この夏は比較的体調が良かったかな。 めまいに悩まされることもだいぶ少なくなってきた。 そこで

記事を読む

個人事業の開業

個人事業の開業届と青色申告

個人事業主、フリーランスになるには税務署に届けが必要になる。 こっそりやることはNGなのだ。 ま

記事を読む

税理士と契約しての確定申告

  さて、以前(といってもかなり前)に税理士と契約しました。 って話を書いたかと思

記事を読む

自分のメンテナンスにお金をかける年齢になってきた

ストレスで体をやられてから数年、運動不足もあってか体に色々不調が出るようになってきた。 具体的には

記事を読む

スポンサー

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー

Universal Foldable Keyboard GU5-00014 でかな入力 …… できない。

かな入力なのです わたくし実はここだけの話、絶滅危惧種の 「かな入

第二回 初心者のためのコスプレ撮影ライティングワークショップ

さて、初心者のためのコスプレ撮影ワークショップ、時間が空いてしまいまし

【撮影技術】光の話、順光と逆光

写真の講座的な事をしたいと思います。 さて、今回は少し写真講座と言い

【撮影技術】やっぱり背景をぼかしたい!

先日TwitterのDMに1通のメッセージがやってまいりました。

vanguard The heralder 51T 修理のその後

さて、前回書いた 再び修理に旅立ったvanguard The h

→もっと見る

PAGE TOP ↑